BLOG ブログ

三条機会スタジアム野球まつり


6月15日、16日に、プロ野球2軍、ウェスタンリーグの阪神対中日の連戦が三条機械スタジアムで行われました。毎年、野球まつりとして称して行われているイベントで、開催から4年目、地域でも定番イベントとして定着し、盛り上がりをみせてきています。

15日は曇り時々雨の予報でしたが試合中は雨が上がり、16日は晴れ。観戦者数は15日が約1400名、16日が約2000人です。15日は4-0で阪神の勝利。後輩でSFC出身の伊藤隼太が1番センターで出場し4打数3安打と活躍しました。16日は多くの阪神ファンが観戦し、試合は6回の裏に新井良太選手と一二三選手のホームランで逆転した阪神が5-3で勝利を収めました。勝ち投手は岩田稔投手、抑えは久保田智之投手でした。

三条阪神ファs

プロ野球2軍戦の観戦は初めてでしたが、出場選手の1軍戦でよく見る選手と期待の若手が占めていました。試合のレベルも当然高く、十分楽しめる試合だと感じました。同時に、三条での試合は丸富社がプロモーションを行いましたが、それは一部で、プロモーションが十分に行われずに実施されている試合がほとんどのようです。今回の2連戦のように地元の組織が主体となって継続的にプロモーションすることが現状で盛り上げるための有効な方法になりますが、こうした動きも広がっていく余地があるのだろうと思います。

このウエスタン2連戦は、三条機械スタジアムの指定管理者を務める丸富社が主催し、丸富社が試合のプロモーション、協賛獲得などを行っています。2連戦開催に必要な経費は約1000万円で、協賛とチケット収入を収入源の柱としています。試合中止もあり、黒字化するのは難しい事業とのことですが、トップレベルの試合を三条で行うために4年連続で企画されてきました。

今回の訪問では、8月下旬に企画しているフィールドリサーチについて、15日の試合で挨拶をした三条市の国定市長から「政策提言に繋げてもらいたい」というコメントを頂きました。現在、参加メンバーを募集中です。応募してくれたメンバーと一緒に、夏に向けて準備を進めていきます。

文責:松橋崇史

コメントはまだありません。

コメントする

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL