BLOG ブログ

ウェスタンリーグに向けた野球教室と記者会見


修士の斎藤です。

今回、5月31日、6月1日に三条市の公共スポーツ施設の指定管理者である株式会社丸富様の活動を見てきました。
目的は6月1日の新潟市南区白根野球場での掛布雅之さんの野球教室と、三條機械スタジアムで6月15、16日に開催されるウエスタン・リーグの記者会見に同席させていただくというものでした。

6月1日の野球教室は、白根野球場が2013年4月にオープンし、球場のこけら落としの一環として、指定管理者である丸富の独自のネットワークから、掛布さんを招待し、区内の野球少年達を対象として教室が開催されました。
掛布さんは言わずも知れたミスタータイガースで、バックスクリーン3連発はあまりにも有名ですが、野球教室では基本的な技術指導をはじめ、多くの子ども達に声をかけながら、プロ野球という夢を子ども達に提供してくれていました。トップ選手とふれあう機会に子ども達も終止興奮気味でした。

また前日の5月31日に、三條機械スタジアムにて6月15、16日に開催される阪神タイガース対中日ドラゴンズのウエスタン・リーグの公式戦の記者会見に同席させていただきました。記者会見では掛布さんを交え、三条野球連盟、協賛企業からの挨拶や、当日のイベント内容の告知、掛布さんからの現役時の話から、試合当日の見所まで盛りだくさんの内容で行われました。
三条市は「人口比における社長の割合が日本一高い町」といわれ、三条市にある企業が協賛という形で協力し合ってこのイベントが開催されているのだなと感じました。
三条には「野球を通じて地域貢献をしたい」という趣旨に賛同している企業が80社にのぼります。「野球が好きだから」、「トップレベルのスポーツを子ども達に見せたい」理由は様々ですが、企業間のイベント実施における連携の形を聞かせていただきました。

野球連盟や地域の企業と丸富が協力し合い作り上げているこのイベントを、当日、観戦できることがとても楽しみです。

 

 

コメントはまだありません。

コメントする

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URL